マンションの買い替え時の引越しのタイミング

マンションの売却の目的はいろいろですが、買い替えのために売りたいというケースもありますね。

そういった場合に難しいのが引越しのタイミングですよね。こういった場合の引越しのタイミングとしては以下の3つのタイミングが考えられます。

  • マンションの売却前に新しいマンションを購入して引越す
  • 売れるまでは今のマンションに住み、売れてから引越しをする
  • 賃貸や実家などに引越しをして売却に出しつつ、買い替えの物件を探す

どういったタイミングで引っ越すのかというのは人によりますが、資金力がどのくらいあるのかによって選べる選択肢も変わってくるでしょう。

マンションの売却によって得られるお金がなくても新しいマンションの購入ができるというのであれば1の選択肢でマンションが売れる前に引越しをして、希望の条件で売却できる買い手が現れるのを待つことができます。

ですが、実際にはそこまで資金があるという方も少ないでしょう。
マンションの買い替えを考えている方の多くはローンがまだ残っているなど資金に余裕がない方がほとんどかと思います。

こういった場合新しいマンションを購入するための資金を用意することは難しく、ローンを組むのも困難なので、マンションが売れるのを待ってからという2の選択肢でないと引越しも難しいということになるでしょう。

この2の選択肢の場合だと今のマンションが売れたタイミングで新たなマンションを探すことになるわけですから、売れたらすぐ新しいマンションを探して引越しをしなければならないという慌ただしいスケジュールになってしまいます。

それを避けるなら一旦賃貸物件やあるいは実家に引越しをして売れるのを待ち、売れたその資金で新しいマンションをゆっくり探すという方法です。

マンションを売るとなると内覧などもありますから、空き家の状態にしておいた方が売りやすいというメリットもあります。

ただし、この選択肢にもデメリットはあります。
賃貸に引っ越して空き家にするのは良いですが、空き家にして売りに出したらすぐに買い手が見つかるとは限りません。

いつまでもそのまま売れない状況が続いた場合、住んでもいないマンションのローンを払い、さらに賃貸の家賃も払うことになり毎月の負担が大きくなってしまうからですね。

空き室にしておいた方が早く売れる可能性は高まりますし、生活臭さを消せるので高く売れる可能性も高くなります。

ただし前述のようにいつ売れるかは全くわかりませんので、それまでローンと家賃を二重で払い続けるのは本末転倒になってしまう可能性も大でリスクは高いです。

今のマンションに住みながら売るという2の選択肢でも、うまくポイントを抑えれば大きなデメリットになることなく売却することも可能です。

今の中古マンションがなかなか売れないという現状を考えるとそのリスクを抱えて早く売ってしまわなければと焦るよりも、じっくりと希望の価格で売れるようになるまで待った方が良い結果に結びつくのではないでしょうか。

ただこれもあくまでケース・バイ・ケースですから、資金力と相談してどの選択肢を選ぶかを検討しましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ