マンションを売るまでの流れ、売り出し中の活動について

マンションを売りに出す時の大きな流れとしては以下のような3つの段階に分けることができます。

  1. 売りに出すまでの準備
  2. 売り出し始めてからの活動
  3. 買い手が決まってから引っ越しまでの手続き

今回はこの2のマンションを売り出し始めてからの活動について考えていきたいと思います。

業者との打ち合わせ

契約を結んだ媒介契約業者とこれからどのようにして売却していくのかについて打ち合わせをすることになります。具体的な打ち合わせの内容としては以下の2つがあります。

  • マンション受け渡しが可能になる時期について
  • 希望の売却価格について

打ち合わせで自分の希望を遠慮せずにしっかりと伝えましょう。それを元にしてこれからどの程度の価格で売り出すのかという戦略を練ることになります。

売り出しの活動

媒介を結んだ不動産業者はその業者の持っているホームページに物件を登録したり、新聞広告などの媒体に物件を掲載して売却するための活動を行うことになります。

内覧の案内

ホームページや各種広告を見てあなたの物件に興味を持ってくれた人が仲介業者に問い合わせをするなどし、さらに中を見たいということになれば内覧へと案内することになります。

売主としてはいつ内覧希望者がマンションに来ても良いようにマンションないの掃除であったり補修であったり、いつでも最高の状態で迎え入れられるように準備をしておきましょう。

もし広告を出しているのに内覧希望者や問い合わせが全く無かった場合は価格設定が高すぎるという可能性もありますから、価格の返答についても検討しなくてはいけませんから、担当者とよく相談しましょう。

購入申し込み書の受領・条件の交渉

実際にマンションの内覧をして気に入ってもらい、購入を決意されたら不動産業者を通じて購入手続きが行われることとなります。
ここでは購入申込書という書類が作成されることになりますが、あくまで「申し込み」でありこの書類で契約が成立するわけではありません。

この申込書によって購入者からの希望が送られてくるわけですが、そこには価格についても含まれています。申込書を確認してどういった条件で売却するのかを検討して回答することになります。

やはり重要となるのは価格についての交渉ということになるでしょう。
当然購入希望者は少しでも安く買いたいですし、売る側は高く売りたいわけです。その折り合いを一体どのくらいの価格で付けるのかについて不動産業者の担当者とじっくり打ち合わせをしましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ