マンションを売るまでの流れ、契約について

マンションを売りに出す時の大きな流れとしては以下のような3つの段階に分けることができます。

  1. 売りに出すまでの準備
  2. 売り出し始めてからの活動
  3. 買い手が決まってから引っ越しまでの手続き

今回は最後の買い手が決まってから引っ越しまでの手続きについて考えていきたいと思います。

売買契約の締結

購入希望者から仲介の不動産業者を通じて購入申込み書を受け取り、それをもとに価格などの条件について交渉することになります。

条件が折り合い交渉が成立したとなるといよいよ売買契約を結ぶことになります。
買主との間に不動産業者が仲介に入って契約をするわけですが、その契約をする日程や様々な取り決め、告知義務を満たすための重要事項の説明などが行われます。

契約の内容というのは後からトラブルにならないために非常に重要になります。

重要事項などには専門的でわかりにくい話も含まれていますが、わからないままにしておくと後から困ることもありますので、きちんと把握して納得できるまで話を聞き、問題ないと確信してから契約を結ぶようにしましょう。

契約の際には買主から手付金として売却価格の5~10%を受け取るのが一般的で、不動産業者への仲介手数料についてもこの段階で半分の金額を支払うことになります。

決済と引き渡し

売買契約が成立したらあとは決済がスムーズに行われるための準備をしておきましょう。

マンション売却に関わる諸費用や権利証など、買主に引き渡すことになる書類の準備や、マンションの登記の変更、住宅ローンの抵当権の抹消などといった手続きも必要となりますので忘れないようにまとめておきましょう。

買主のほとんどは住宅ローンを利用しての支払いとなりますが、その審査が通り次第、できるだけ早めに決済日を決めてもらい、引っ越しの準備も始めましょう。

当然ながら引き渡しを行う日までには自分もマンションから出て行く必要があります。

引き渡しをする際にはマンション内の設備に問題がないかなど最終的な確認を行い、問題がなければ最後に鍵を渡して引き渡し完了。
これにて売却は無事完了ということになります。

以上、マンション売却の流れはこのようになっているわけですが、事前にこの流れを把握しておけばどのタイミングでどういった行動を取るべきなのかがわかり、スムーズにマンション売却を進めることができます。

しっかりと事前の情報収集をしてその都度適切な判断と行動をとることがマンション売却を成功させる鍵ということになりますね。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ