マンション売却の際にかかるコスト

マンション売却を考えた場合、売れた場合の収入ばかり考えてしまいますが、実際には売る際にもいろいろとコストがかかってきます。

マンションという大きな不動産の売買ですから、非常に大きなお金が動くことになります。
いつどんなお金が必要になるのかは把握しておきましょう。

マンション売却の際にかかるコストとして考えておきたいのは主に次の4点になります。

  • 1、契約書に使用する印紙代
  • 2、不動産屋への仲介手数料
  • 3、売り渡しの司法書士費用
  • 4、住宅ローンの残りの返済

このうち2から4については売却が決まる段階までは払う必要はありません。
つまりは売って得ることができたお金をあてにしてそれで払うことができるというわけです。

ですから売れるまでに用意しなければならないのは1の印紙代ということになります。
印紙代は1~5千万円までの売買の場合は1万5千円ですのでそれほど大きな負担にはならないでしょう。
不動産屋が契約時に印紙を持ってきますので現金で支払いましょう。

しかし気になるのは売れた場合にその代金はいつ自分の元に入ってくるのか、ということですね。

現金での売買の場合でなければ、基本的に住宅ローンを利用しての支払いということになるでしょう。
住宅ローンの場合はまず売買契約を結び、その後審査に通れば銀行担当者を交えて決済を行うことになります。

このプロセスにはだいたい1ヶ月くらいはかかると思っておいた方が良いでしょう。
2の仲介手数料と3の司法書士費用はこの決済の時にそれぞれに支払い、4の住宅ローンの残りの返済もこの決済時に銀行へ精算します。

ただ不動産屋によっては仲介手数料の半分を契約時に請求してくる場合もあります。
都道府県の指導によってはこのように半分づつ支払うように取り決められていることもあるため、分割して払うケースもあります。

仲介手数料は売れた金額の3.15%などとなるので結構な金額になるわけですが、こういった場合の支払いはどうするのか?と心配な方もいるでしょう。

しかしこれについては契約時に買主から10%程度の手付金を受け取り、それで支払うことで解決できます。
手付金が少なくて仲介手数料が払えないという場合は半分づつではなく、決済時に一括で支払えるように不動産屋と交渉してみましょう。

契約さえしてしまえば遅かれ早かれお金が入ってくることは確定するわけですから、交渉すれば大丈夫でしょう。

総括すると、売却しようという際に必要となるのは印紙代の1万5千円だけであるということです。
それ以外のコストについて売却が決まって買主からの支払いで精算することになりますから用意しなくても大丈夫ということになります。

しかし、実際のところマンションが売れる値段と住宅ローンの残債によってはマイナスになってしまうという可能性もあります。
ですからコストを計算してそうならないように売却価格を設定するようにしましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ