中古マンションを売却する最適な時期

一昔前であれば、中古マンション売却の鉄則として、春先の進学や就職の引越しで人が動く時期に住めるようなスケジュールで売り出すというものがありました。

当然そういった需要の高い時期が最も売れる時期だったわけですね。

しかし、今の時代はこういった時期だからといって特に中古マンションが売れやすいということはなくなっています。

なぜ昔と違ってそういった時期に売れやすいということがなくなったのかというと、以前と比べてマンション受給のバランスが崩れてしまい、現在は供給が需要を大きく上回る供給過多の状態であるということ。

つまり買い手市場であるため、売り手が売りたい時に売れるということはなくなっているということです。

また、少子高齢化や独身率が高まっていることによってファミリー層が減少し、特に引越しの時期のこだわりというのもなくなった、などといった理由が挙げられます。

また、マイホームを求める人の物件の探し方にも昔とは変化が見られています。

特に若い人の場合だと最近は不動産屋にいきなりいくのではなく、事前にまずはインターネットの不動産情報サイトで検索をするなどしてじっくりと検討してからという方がほとんどなのです。

いつでも自宅で不動産の情報を細かくチェックすることができるので、実際に住宅を購入したいという段階でなくても、ちょっと気になる程度の状況からネットで調べ始めるわけですね。

ですからマンションが必要な時期というのはあまり関係なくなっているのです。

以前とは違ってマンションを売りに出してもどのくらいで売れるのか、その売れるまでの時間を予想するのは非常に困難な状況です。

特別に市場よりも安い価格で投げるように売るというわけでもない限り、いつ売れるかわからないということです。

日本人のライフスタイルの変化ということもあって供給過多の不動産市場ですから、今後その需要が劇的に回復することも考え難く、今後は時間が経過すればするほどに売りにくくなっていくという可能性が高いわけですね。

当然ながらマンションを買う側としてはできるだけ底値で買いたいわけですし、逆に売る側としては少しでも高く売りたいものですよね。

しかし実際のところ底値なんていうのはそれがいくらなのかは誰にもわからないものであり、あくまでも結果的なものです。
あとになってからあの時買っておけば、あるいはあの時売っておけば、と思うだけのことですね。

つまり、結局のところ中古マンションを売却するにあたって最適な時期なんていうのは誰にもわからないものなのです。
ですが売ると決めたのであれば1日でも早く売りに出して、市場が、買い手がどのように反応するのかを見ることがオススメです。

まず最初は自分がこの値で売りたいという価格で売りに出し、その価格で買い手がどの程度興味を持ってくれるのかを知ることが大切ですね。

結論としては「とにかく早く売りに出す」その後は市場の反応次第で価格を上げるか下げるのか検討する、ということですね。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ