中古マンション売却時にはリフォームをしたほうがいいのか?

マンションを売却するとなった場合、リフォームしてから売らなければいけないのだろうかとお考えの方もいるかもしれません。

しかし結論から言えば、リフォームの必要というのはありません。
なぜなら買う側も中古マンションであるということは十分承知でその物件を見に来るからです。

リフォームをすれば確かにキレイになるかとは思いますが、中古マンションを探している人というのはそういった観点では見ていません。

キレイじゃないと嫌だという人はそもそも中古物件を選択肢とはしないでしょう。
傷やよごれがある程度あることは前提として見られていますから無理にリフォームする必要はありません。

リフォームをしてキレイにした方が高く売れるんじゃないか、と多くの方は考えるかと思います。
しかし、リフォームするためにはそれなりに資金が必要となりますよね。

そのリフォームにかかった資金の分だけ高く売れるのかというと難しくなります。
リフォーム費用を価格に上乗せすると売れにくくなってしまうということです。

また、もしそのマンションに住み続け、売却が決まった段階で引っ越しをしようと考えているのであれば、リフォームをしてもその後売れるまでの期間でまた汚れや傷ができる可能性もあります。

そうなると意味がありません。どうせなら購入を考えている方にリフォームするならこのくらいの予算でできますよと教えてあげたりする方が売れやすくもなるでしょう。

だったら何もせずにそのままの状態で良いのかというと必ずしもそうではありません。
大掛かりなリフォームは必要なくても最低限のメンテナンスは必要でしょう。

あからさまに目立つ傷や汚れがあったのでは内覧に来た人の印象が悪くなってしまいますから、買いたくなるマンションである程度には修繕なども必要です。

では、どういったポイントをメンテナンスしておくのが中古マンションを売るためには効果的なのでしょうか。

1、マンションの部屋全体の掃除

当たり前のことではありますが、マンション全体を掃除してゴミや汚れはないようにしましょう。掃除機や雑巾がけなどお金をかけずとも手間をかけることでできるメンテナンスは最低限やっておくのは基本です。特に水回りの汚れだったり、玄関などの第一印象に関わる部分などは常にキレイにしておくようにしましょう。

内覧に来た際にマイホームとして購入するか否かの判断というのは主婦の意見が非常に大きく反映されます。主婦にとっては水回りの汚れというのは非常に印象を悪くしてしまいますので、念入りに掃除するように気をつけましょう。中古マンションだからある程度の汚れなどは覚悟していても、いざ買うとなると高級な商品ですから少しでも印象がよくなるように、丁寧に住んでいる印象を与えましょう。

2、クロスの汚れ

クロスの汚れが目立つ場合は、ホームセンターなんかで部分的な汚れを補修することができるアイテムを扱っていますので、それを使って自分でタッチアップしてみましょう。プロに頼まないとできないと思いがちですが、小さな傷や汚れは意外と自力でも隠すことができます。

3、網戸や障子のチェック

見落としがちなのが網戸の汚れです。外気と触れる部分ということもあってどうしても汚れてしまうのです。同様に障子の破れなんていうのもありがちで、印象を下げる原因になります。こういった部分もやはりホームセンターで補修や張替えの道具が売られていますので、自分で補修しておくと良いでしょう。

4、エアコンなどの設備のメンテナンス

エアコンや給湯器などの設備についても日ごろからメンテナンスをして問題なく使える状態にしておきたいものです。内覧に来た時に使えない状態だと印象が悪くなります。使えないなら使えないで内覧の際にはこれは撤去しますなど一言加えるようにしておいた方が良いでしょう。壊れたまま残されるのは買う側としては迷惑ですからね。

キレイで問題なく使えるエアコンなどの場合、自分が持っていくのかそのまま置いていくのかはハッキリさせておき、買主と相談しましょう。
買主もエアコンがあり持ってくるということであれば無理に置いていくこともありません。

売買契約をする際には契約時に付帯設備表というものを添付することになるはずです。
ここにどういった設備があるのかということは明記しなければいけませんので、売却が決まった段階でどういった設備があり、きちんと動作するのかどうかなどは確認しておきましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ