中古マンション市場の需要と供給について

今、持っているマンションの売却を考えているという方もいらっしゃるかと思いますが、それぞれにその理由は様々だと思います。

例えば「投資用といって勧められて買ったけれど、そろそろ手放したい。」
「転勤するので住まなくなったため売りたい。」
「親から相続でマンションを引き継いだけれど、自分は住まないので売却したい」
「新しいマンションに買い換えたい」などといろんな理由があるかと思います。

しかし、マンション売却の前に知っておきたいのは前提として、今は中古マンションはなかなか売れない時代になってしまっているという実情ですね。

なぜ今中古マンションが売れなくなってしまっているのか、その理由については大きく分けて以下の3つが挙げられます。

需要と供給のバランスが崩れている

まず一つの理由が需要と供給のバランスが崩れているということ。
需要というのはマンションの購入を考えている人の数であり、供給はマンションを売りたいと考えている方、そしてそのマンションの数ですね。今の日本は少子高齢化が進んでおり、全体の人口も減少しています。

また、従来であればマンション購入を考える年齢であった20代後半から30代の人の独身率が以前と比べて高くなっているということもマンション需要が低下の原因となっています。

需要が少なくなっても同じように供給が少なくなればマンションがなかなか売れないということはありませんしね。
しかし、需要は減っているのにも関わらず新しいマンションは次々と建てられているというのが現実です。

さらに、不景気が続いているということもあって一度手にしたマンションをローンの支払いができないために売却しなければいけなくなってしまっている人も多く、さらに供給は増えているという現状なのです。

このように、マンション売却の供給が需要に対して多くなっていることによってマンションは余ることになり、売りたくても買い手が少ない、いわゆる買い手市場となってしまっているわけですね。

価格の面で考えるならば安く手に入る中古マンションは新築よりも有利と考える方も多いかもしれません。
しかし、必ずしもそうとは限らないようです。

新築マンションも価格競争のために価格がどんどん下がっており、中古のそれとそう大差ない価格になっているのです。価格が変わらなければ新築に目がいくのは当然です。

また、住宅ローンについても低金利でマンションを買えるようになっているということからも新築を選ぶ方が多いため、中古マンションの最大の敵は新築マンションとなっているのです。

景気の悪化による購入意思の低下

言うまでもなく今の日本の雇用状況は悪化し改善の兆しも見られないような状況です。非正規雇用者が増加し、終身雇用も今は昔といった話になっています。収入がなければ当然マイホームなんて購入することはできません。

将来の不安を誰もが抱えている状況で、何十年も先の事を見据えてローンを組めるという人が以前よりも少なくなっていることは間違いないですし、そもそも融資を受ける条件を満たせないという人が多いのです。

「マイホーム」を購入しようという意志そのものが今は無くなってしまっているということですね。

住宅に関する価値観の変化

最近の若者の価値観の変化というのも大きな理由の一つです。

よく若者のクルマ離れという話を耳にしますが、マイカーに大金を払うくらいなら…という若者が多くなっているのと同じように、無理をして何十年も先までの住宅ローンを組んでマイホームを買うよりも、いつでも引越しできる賃貸の方が気楽で良いという人が増えているのです。

不動産を所有するということに価値を感じない、住宅に対しての価値観が変化しているということですね。

車にしても住宅にしてもこういった価値観の変化の根底にはやはり経済状況の悪化というものがあるでしょう。
しかし、ただそれだけではなく、マイホームを持つのが当たり前、マイホームを持つことが幸せという時代ではなくなっているということですね。

また、需要と供給の項目でも述べましたが、今は昔と比べて低金利で家賃程度の支払いで家を買うことができるというのが家を買う動機になっているというのも重要なポイントです。

つまりこれは「毎月家賃を払うのと変わらないのであれば買った方が良い」という発想からのものであり、「マイホームを買いたい」から買うという発想ではないわけですね。

以上のように、今の時代は中古マンションの売却は昔と比べて非常に難しいものとなっています。
ただ難しい状況ではありますが需要が全くないわけではなく、絶対売れないわけではありません。

どうすれば他の中古マンションよりも有利に立てるのか、その売却術を知っているかどうかがポイントになってきます。いかに売るかというノウハウを知っている人ほど早く高く売ることができるわけです。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ