マンションの設備は引き渡しをするしないはハッキリと

マンションを売却する場合、様々な設備があるわけですが、それらの設備をそのまま残すのかあるいは取り外してしまうのかというのもはっきりさせなくてはいけません。

契約をする際に売買契約書とは別に付帯設備表および動作確認表を買主に渡すこととなります。

売買契約書というのは基本的に土地と建物についての契約だけとなっています。ですから、マンション内の各種設備については契約書には書かれていません。

ですので、マンションの設備についての詳しいことは付帯設備表などで詳しく確認する必要があります。

そのまま置いていく設備はどんなものがあるのか、持っていくものはどんなものなのか、そして残していく設備については引き渡す段階でどういった状態にあるのかということを確認します。

そのまま残していく設備としては2種類に分けることができます。

一つは有無だけを確認すれば良いものであり、例えば家具や照明器具がこれにあたります。
もう一つはその設備の性能についても詳細が必要となるものであり、エアコンや給湯器、コンロ、ウォシュレット、床暖房などといった設備がこちらです。

家具や照明器具というのは仮にキレイな状態だったとしても買主の好みというのもありますから、買主が不要だとした場合には撤去しておかなくてはいけません。

不要なものをそのまま残してくということは粗大ごみを残していくのと同じですから、必ず確認しておく必要があります。

建物に組み込まれているような設備の場合はきちんと動作するかなどについての状態を必ず説明する必要があります。
後からトラブルにならないために、不動産屋にも立ち会ってもらい、各設備の状態をきっちり確認していきましょう。

きちんと動作するものであるならば残しておいて欲しいでしょうけれど、使えもしない状態のものや、このまま使い続けても長くもたないものについては撤去して欲しいという買主も多いはずです。

後から知らなかったと言われないようにきちんと現状を伝えてどうするのかの判断をしてもらいましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ