告知義務を怠ると賠償問題や契約解除になることもある

買主との間で締結することになる売買契約。
売買契約の契約書において、後から見つかった問題点についての対処についても取り決めることになります。
これは「瑕疵担保責任」というものです。

難しい言葉に見えますが、瑕疵担保責任というのは通常注意をしても気づかないような問題点があった場合に売主が買主に対して責任を負うというものです。
瑕疵というのは欠品や問題点という意味です。

重要となるのは通常注意をしても気づかないような問題点があった場合に売主が責任をとるということです。

注意しても気づかないような部分についての取り決めということですから、逆に言えば気づいている部分については包み隠さず伝えておくということが非常に重要になるということです。

気づいているのに伝えないとトラブルにつながります。

例えば、キッチンになにか不具合があったとしましょう。
売却まえにキッチンを修理していたとすればその点についての問題はすでに解消しているものだと考えますよね。

しかし、実は修理しても修正されていないような根本的な問題点が残っていて、引き渡した後に再度同じような問題が発生してしまうという可能性もあるわけです。

もしそうなった場合に事前にキッチンについての不具合があって修理をしていたということを買主に伝えていなければ、買主としてはどう感じるでしょうか。

売主としては根本的な問題には気づかなかったとしても、買主からすれば重大な問題点を隠して売られたというように感じることもあるでしょう。

そうなると隠蔽ということで賠償問題や契約解除といった事態に発展することもあり得るわけです。

マンション売買においては告知義務というものが法律上定められています。
これは重要事項についてはきちんと買主に対して説明しなければいけない義務がありますよということです。

物件に関しての重要な項目は「重要事項説明書」に記載することになるわけですが、ここで必ず設備の不具合などについても説明しておく必要があるわけです。

これを怠ると告知義務を怠ったということで「隠蔽」と取られてしまうわけですね。

マンションの取引というのは数千万円という単位の大きなお金が動くことになる取引です。

買主としては売主を信用してそんな大金を支払うわけですから、どんな細かいことであっても包み隠さず説明してほしいと考えるのは当然のことです。

大丈夫だろうと思っていても、過去に不具合があった設備などについては細かく説明しておくことが無難です。

瑕疵担保責任は売買契約時に気づかなかった不具合に関しての保証の取り決めになりますから、すでに買主が知っていることに関しては売主が責任を負う必要はないのです。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ