売買契約後の決済と引き渡しの打ち合わせについて

売買契約が済んだらその後には決済と引き渡しが待っています。契約の書類を交わしたらその後に決済と引き渡しについての打ち合わせも一緒に行います。

この打ち合わせで買主には以下の二点について確認しておきましょう。

  • いつ頃引っ越し可能であるかを伝える
  • 住宅ローンの審査について

契約をする時点ですでに住宅ローンの仮審査に通っているということであれば概ね安心できると言えるでしょう。

しかしまだ住宅ローンの申請すらしていないということだと問題です。住宅ローンの審査が通らないということになると最悪契約が白紙になってしまう可能性もあります。

契約をする前に住宅ローンについては聞いておきたいところです。不動産屋に聞いておいてもらうというのも一つの方法でしょう。

売主としては残金の決済が行われる日までに転居先を見つけて引っ越しをする必要があります。特に買い替えをするという場合、売却が決まってから新しい住居を探すというケースも多いですから、どのくらいの時間が必要になりそうかは買主にもきちんと伝えておきましょう。

契約完了後、無事買主が住宅ローンの審査に通ったということであれば、そこから決済の準備ということになります。

決済のために準備しておきたいことは以下のようなことになります。

銀行への連絡

現在のマンションを住宅ローンを利用して購入したという場合、マンションがローンの担保となっているはずです。マンションの所有者は買主へと移ることになるわけですから、ローンの担保からそのマンションは外してもらわなければいけません。もちろん、担保を外してもらうためには残りのローンについては返済する必要があります。

ローンの返済についてはその時点で払えるという方は少ないでしょうから、実際に決済が行われて売却した代金が入ってからということになるかと思います。まだお金が入っていないくても、決済日が決まればその旨を銀行に連絡しましょう。この手続には10営業日ほどかかるということも覚えておきましょう。

管理組合に連絡

マンションを売却して所有者ではなくなったということは、管理組合員でもなくなるということです。代わって買主が新たに管理組合員になるということでもありますね。マンションの管理人がいるという場合は管理人に問い合わせ、どんな手続が必要なのかを確認しておきましょう。

こういった手続きにおいては元の所有者である売主と新しい所有者である買主の両方の署名捺印が必要となる場合もありますので、事前に書類を取り寄せておいて、契約の際などに買主さんにも署名捺印してもらうように準備しておきまよう。

権利証の確認

マンションを購入するとそのマンションの所有権を示す権利証が渡されるはずです。権利証とは言われていますが、正式には登記済証となります。
もしこの権利証をどこにしまったのかわからなくなってしまったという場合、権利証の再発行というのはできないのですが、司法書士に所有者があなた自身であると証明してもらうことができれば問題ありません。

最近は権利証が発行されず、代わりに暗証番号が割り当てられるようになっているので、そのことも知っておくとよいでしょう。

司法書士に確認

マンション売却をすると不動産売却ということで住所変更登記手続きというものが必要となります。書類に不備があると面倒ですので司法書士に確認してもらうと良いでしょう。

引っ越し

当然マンションを明け渡して新しい住居へと移動するわけですから、引っ越しの準備も忘れてはいけません。いろんな準備や手続きがある中で大変かとは思いますが、早い段階から少しづつでも準備を進めておけば直前になって焦ることもないでしょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ