マンションの代金を受け取る決済をスムーズに進めるための事前準備

マンションの代金を受け取ることになる決済。決済の時には税金についてや管理費についての精算を行うなどお金についてのあれこれを行うことになりますので非常に重要です。

それまで住み続けてきたマンションを売り渡すわけですから、きっちり丁寧に最後まで取引ができるように心がけましょう。

決済をスムーズに進めるためには事前に準備をしておくことも必要となります。
決済の直前になって準備を忘れていたなんてことになると大変ですから、事前に必要なものを用意して万全の状態でのぞみましょう。

必要な書類

  • 権利証
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 身分証明書(運転免許証または保険証)
  • 公課証明・評価証明(マンションの評価を証明する書類、不動産屋が用意してくれます)
  • マンション内の書く設備に関する説明書、管理組合についての資料や書類

その他、不動産屋などから用意しておくように指示されたもの

お金

  • 司法書士に支払う報酬
  • 不動産屋に支払う仲介手数料
  • 振り込み手数料

お金については基本現金で用意することができれば用意しておけば良いですが、だいたいの場合は決済で受け取ったお金からそのまま支払うというのが一般的です。

決済については買主が利用する住宅ローンを扱う銀行で行うというケースが多いです。

その場合決済には銀行の担当者も立ち会うことになりますので、受け取った売却金の中から報酬や仲介手数料などを差し引き、住宅ローンの残債の返済を行うためにローンの支払い口座に入金してしまうのが良いでしょう。

ただ、実際には現金で札束をどうこうするということはほとんどありません。
基本的に伝票で処理されることになるので、数千万円というお金を前に緊張するようなことも心配する必要もありません。

また、この際の振込手数料については買主側が負担することとなります。

中には売買の代金を一部現金で受け取りたいという方もいらっしゃるかと思います。
そういった場合は事前に金融機関に伝えておきましょう。

あまり高額な現金をいきなり用意して欲しいといってもすぐに準備できない可能性もあるからですね。

決済にどのくらいの時間がかかるか、ということですが、一般的にはだいたい1~2時間もあれば決済は完了します。
非常に大切な取引になりますから、時間には余裕を見ておきましょう。

無事代金を受取ることがえきたら最後に領収書を渡して決済は終了ということになります。
決済が完了したら代金の振り込まれた口座の記帳をして振り込みが行われたことを確認しましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ