マンションを売却した場合の仲介手数料について

媒介契約を結んだ不動産屋が無事依頼したマンションを売却した場合、その成功報酬として仲介手数料を支払うことになります。

当然依頼主であるあなたから不動産屋に支払うことになるわけですが、この手数料についてしっかりと把握しておく必要があります。

不動産屋に支払うことになる仲介手数料は売却価格の3.15%+6万3,000円となっています。

この金額が400万円以上の不動産売買における一般的な仲介手数料となっているのですが、実際にはこの数字は仲介手数料の上限金額であり、法律で不動産業者が受け取ることができる上限金額がこのように定められているという話なのです。

あくまで「上限金額」なわけですから、これ以下の数字でも問題ないということになります。
例えば売却価格の2%などということも可能ということですね。

何もしらずに上記の数字が定められているものと思っているとそのまま支払うことになってしまいますが、これを知っていれば値下げの交渉も可能だということになりますね。

売主は複数の不動産屋の中から契約する業者を選ぶわけですから、契約数を伸ばすために仲介手数料を割引してくれる不動産屋というのも中にはあるということですね。

ただ、とにかく仲介手数料を安くしたいからといって執拗に低くしてくれるよう交渉しすぎるというのも良いとは限りません。

不動産屋に仲介手数料を支払うことになるのは実際にマンションの売却が成立した後ということになります。
つまりそれまではいくら広告を出そうが売却活動をしようが業者は1円たりとも報酬が発生しないのです。

あまり仲介手数料を値切りすぎると不動産屋のやる気にも関わってきます。
売れても報酬が少ないとなるとあまり力を入れて売ろうという気にもならないのは当然のことですよね。

仲介手数料を下げると大きく違う、と思うかもしれませんが、仮に手数料を売却価格の3.15%から2%に割り引いてもらったとしても1,000万円の売却価格だった場合10万円程度しか差は生まれません。

仲介手数料を10万円ケチるくらいなら、3.15%満額の仲介手数料を払うから全力で頑張ってもらって、10万円以上高い価格で売ってもらった方が結果的には得ですよね。

そうなれば自分にとっても不動産屋にとってもプラスの結果ということになります。

マンション売却に必要となる諸費用の中でもこの仲介手数料は一番大きな金額になるので少しでも安くしたいというのは誰しも考えるところかと思いますが、不動産屋さんに気持よく働いてもらうためには、こちらも気持ちよく上限金額と知ってなお支払うくらいの気持ちがあると良いかもしれません。

もちろん、安くなるのであれば安くしたいという方もいるでしょうから、そこはケースバイケースであり、人それぞれですね。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ