マンションを売却するのために注意すべきこと

中古マンション市場の実情を知り、マンション売却の流れを把握したら、マンションを売るために実際の行動を起こし始めることとなるわけですが、実際に売却について進めていくということになるといろいろなことに対して決断しなければいけない場面があり、選択を迫られることもあるはずです。

マンションの売却なんて普通の人は慣れているはずもありませんから、選択を迷うのは当然なのですが、だからと言ってわからないと嘆いてばかりでは前に進みません。

そういった場面に直面した時にどのような対処や選択をするべきなのかを知っているかどうかによって売却が成功するか否かにも差が出てきます。
ここではマンション売却を成功させるために注意しておきたいことを3つ紹介したいと思います。

不動産会社の選び方

マンションの売却の際には不動産会社に仲介をしてもらうことになります。
この不動産会社選びによってマンション売却の成否は大きく変わります。会社選びさえ間違えなければほとんど成功したと言っても良いくらいですが、逆に失敗すると売却が失敗する可能性も高くなりますから、慎重に選ぶべきなのです。

マンション売却に関わる不動産会社は非常にたくさんあり、規模も違えば扱う物件の得手不得手というのも異なります。
これから中古マンションを売ろうというわけですから、もちろん中古マンション売却が得意な不動産屋を選ぶ必要があります。

不動産屋を選ぶ際、どうしても多くの人は知名度の高い大きな会社や見積もりで一番高い金額を提示してくれた会社を選んでしまいがちです。
しかしそういった選び方で失敗するケースは多々あります。

規模や見積もりだけでなく、業者のそれまでの実績や担当者の人柄ややる気など比較するべきポイントというのは他にたくさんあるのです。

不動産屋選び一つでその後売りたくてもなかなか売れないという状況になりかねませんから、最初の選択は慎重に行いましょう。

価格は時に妥協も必要

購入する時にはこれだと思って購入したマンションでも、それぞれに何か理由があって手放さなくてはならなくなったわけですよね。

自分にとってはいろんな思い入れがあるでしょうし、どうしても良いところばかりが見えてくるものですから、一般的な売却価格の相場よりも高く売れるのではないかと錯覚して価格を高く設定してしまう方というのが非常に多いです。

購入した時の金額というのが頭にありますから、不動産屋の査定額を聞いてそんなに低いはずがない、そんなに下がっているはずはないと思ってしまうこともあります。

そのため査定よりも高く設定してしまう方が多いわけです。
しかし、不動産屋さんもプロですから、大きく相場を外したような金額を出すはずもありません。

自分の物件だとは言っても他の物件同じような目線で冷静に判断できるように物件を見る目を持ちましょう。

中古マンションの相場というのは時と共に変化するものです。
数年前ならいくらで売れたのにだとか、あそこの物件はいくらで売れたなんていう話をしてもきりがありません。

そうやって「もっと高く売れるはず」という思いを持っているといつまで経っても売れず、そうこうしているうちに相場が下がってしまうことも考えられます。

相場というのは常に変動するものであるという前提を頭において売却価格についても柔軟に対応する覚悟が必要です。逆に焦らず待つことでさらに高く売ることができる可能性だってあるわけですね。

基本的にはやはり思っているほど高くは売れないという心構えをしておくことです。
あまり期待しすぎずに不動産屋の査定額や周辺のマンションの相場などといった客観的な情報から売却価格を設定するようにしましょう。

査定時に問題点を隠すな

マンションの売却において最も注意しなくてはならない点はマンションの問題点や不具合といったマイナスな部分を包み隠さずさらけ出すということです。

そういった部分を見せると査定額が下がるのではないかと思ってどうしても隠してしまいがちなのが人間というものです。
しかしマイナス部分を隠したままにしておくと後で大きなトラブルとなる可能性も高いのです。

マンションを購入する方は売主を信頼してそのマンションに決め、お金を払ってくれるわけです。
売る側も当然その信頼に対して真摯に応えなければいけません。

また、問題点を隠したとしても査定に来る不動産屋も物件を見るプロなわけですから、見ればわかってしまうものです。
こそこそ隠し事をしているような売主に対してまともな仕事をしようとは不動産屋だって思わないでしょう。

もちろん、問題点をすべて正直にさらしているつもりでも自分が気づかなかった問題点が後から出てくるケースというのもあります。
売却が完了した直後に設備が壊れてしまう可能性だって十分あります。

そういった場合にトラブルにならないように契約の中でそういった後から見つかった問題点にはどう対処するのかを決めておくのが一般的です。

導入してから長期間が経過している設備に関してはそういった可能性が高いですから、契約時に渡す付帯設備表にそういった可能性についても書き記しておくことが重要になってきます。

もしそういった問題点を隠していた場合には不正な隠蔽として賠償問題になってしまう可能性もあります。
自分自身が大変なことになるのはもちろんですが、契約した不動産会社にも迷惑をかけてしまうことになります。

中古マンションというのは傷や汚れがあるのは当然のことです。
もちろん買う側もそれを十分理解していることでしょう。

住んでいるうちに気づいたこと、わかっていることはどんな細かいことでも伝えておくことが買主からの信頼を得ることにつながりますし、トラブルを回避するためには重要になります。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ