レインズについて把握しておこう

インターネットで検索すれば、不動産の情報を見ることができるサイトというのは非常にたくさんありますが、実はそういったサイトとは別に登録されている不動産業者だけが見ることのできる業者専門の物件情報システムというのが存在しています。それが「レインズ」というシステムです。

全国の不動産屋の多くはこのレインズというシステムを利用することで不動産の情報を共有しています。

国土交通大臣指定という国が認定しているシステムということもあって、このシステムで情報を閲覧するためには発行されたIDとパスワードが必要であり、登録された不動産業者以外は一切この物件情報を見ることはできません。

このレインズ以前は不動産業者は媒介業者として契約を結んだ物件については自力で買主を見つけていました。

それが当たり前といえば当たり前だったわけですが、それだと物件の情報が流れるにしても限界というものがあり、個人経営の不動産業者と大手の不動産業者では情報の拡散に大きな差があったと言えます。

しかし、90年台に入ってこのレインズというシステムが確立されたことによって不動産業界の物件情報の流れというのは大きく変わりました。

レインズを利用することによって小さな個人経営の不動産屋でも全国の不動産業者に情報を流すことができ、逆に情報を得ることもできるようになったからです。

その分多くの物件情報を共有することができ、利用者のニーズにも応えやすくなったわけですね。現在ではほとんどの不動産屋がこのレインズに参加しています。

仮にどこかの不動産屋と媒介契約を結んだ場合、次のような流れで物件情報が広まっていくことなります。

まず売却を依頼された不動産屋が物件情報をレインズ上にアップします。
その翌日から翌々日までには登録された物件情報が新着物件として全国の不動産屋のもとに届きます。

そこから自分のお客が探しているような物件と合致するような情報があれば不動産屋は資料を取り寄せて客に提供したり、問い合わせに対してレインズで物件情報を検索し、該当する物件情報を発見したら売り出している不動産屋に連絡をして情報を取り寄せたり、あるいは不動産屋自身がめぼしい情報を見つけたらそれを自社の広告やサイトに掲載することとなります。

このようにして物件情報が流れていくのが今の不動産業界なのです。

つまり、依頼したのが小さな個人経営の不動産屋だったとしても、レインズを通してその物件情報は全国に広がり、多くの不動産業者の目に触れる状態になっているということですから心配無用なわけです。

不動産屋の規模の大小を問わず、同じようにどこの業者の物件も売れる機会があるということです。

中には周辺には内緒でマンションを売りに出したいと考えている方もいるかもしれません。
そういった場合でもレインズへの登録だけはしてもらった方が良いでしょう。

レインズでは登録の際に広告の制限をつけることができることが可能となっています。
ですから物件情報を広告に載せないように制限することができます。

レインズの情報は一般の人には見ることができないわけですから、安心ということですね。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ