一般媒介契約と専任媒介契約のどちらを契約したらいいのか

不動産屋をピックアップして現地での査定をしてもらいお世話になる不動産屋を決めたなら媒介契約を結ぶことになります。

媒介契約というのはマンション売却をその不動産業者に任せるという取り決めを書面で交わすことを意味します。

不動産屋は契約なしに個人の所有しているマンションの売却をすることはできませんので、売主からの依頼にもとづいて契約をして始めてマンションの売却についての活動を行うことができるのです。

媒介契約において取り決めされることには以下のようなことがあります。

  • 売却価格をいくらにするのか
  • いつからいつまで売却を依頼するのか
  • 不動産屋がどのような売却活動を行うのか
  • 売却が決定した場合に支払う手数料とその時期

媒介契約においては売主にとって不利な条項は無効とするという内容が含まれています。
ですからこっちが素人だからといって一方的に不動産屋に都合のよい内容で決められるようなことはありませんので安心です。

ただ、媒介契約を結ぶにあたって決めなければいけないことがあります。媒介契約に3つの契約方法があり、その中から一つの契約方法を決めなければいけません。

三種類の媒介契約

1、一般媒介契約

これは売主が依頼した不動産屋以外との媒介契約も同時に結ぶことができるという契約方法です。つまり、同時に並行して複数の不動産屋と契約をして、売却活動をしてもらうことができるわけです。また、不動産屋を通さずとも売主自身が個人的に買主を探して直接売買契約をすることもできます。

2、専任媒介契約

これは契約を結んだ単独の不動産会社のみにだけ売却を依頼するという契約になります。他の不動産会社とは契約をすることはできません。しかしこの場合も個人的に買主を探しての直接契約は可能となります。

3、専属専任媒介契約

これも専任媒介契約と同じく一つの不動産会社とのみ契約をするという契約携帯です。そしてこの場合は売主が個人的に買主を探して直接契約をすることはできなくなっています。

一見すると複数の不動産会社と同時に契約できる一般媒介契約の方が売却のチャンスが多そうで良さそうに思えるかとおもいます。

しかし、実際には不動産屋の多くが「専任媒介契約」を勧めてくるはずです。もちろんそれにはちゃんとした理由があります。

レインズで不動産情報を共有できる

マンションを売りに出した場合、「レインズ」というインターネットを介在した不動産業界専門のデータベースに物件の情報が登録されることになります。

個人への住宅仲介を行っている不動産業者はそのほとんどがレインズに参加しており、レインズから物件の情報を入手しています。

ですから、どこか一つの不動産業者と契約してしまえば、レインズを通して全国のほとんどの不動産屋に物件の情報が流れていくことになるのです。

不動産屋は契約して始めて報酬が発生する

不動産屋側の立場になって考えてみると、仲介をして得られる報酬というのは売主からの「仲介手数料」ということになります。

仲介手数料というのは原則として売買が完了した後に依頼者から支払われるものとなりますから、つまりは売却が成功しなくては不動産屋は報酬が得られないということになります。

これはつまり、不動産屋としては一般媒介契約を結んだとしても他の不動産屋とも同じように契約をして他で売却の話がまとまってしまったらせっかく契約をしたのに報酬を得ることはできないわけです。

せっかく物件の宣伝をしたりアドバイスをしたりと時間や労力をかけても無駄になってしまうわけですね。
つまりは一般契約では報酬ゼロの可能性もあるので不動産屋も全力で取り組めないということです。

契約をして依頼されたマンションが売れれば確実に自分のところに利益が生まれるという状況があるからこそ不動産屋も人やお金を使って取り組もうというものなのです。

そう考えると全力で売却活動をしてもらうためには専任媒介契約が望ましいということになるわけです。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ