信頼できる不動産屋か判断できる3つの質問

自分のマンションの査定を依頼するために不動産屋選びをしますが、ある程度依頼したい不動産屋をピックアップしたら、まずは電話をかけて対応を確認してみましょう。

電話の対応しだいでだいたいその不動産屋の仕事っぷりというのも見えてくるものですから、これである程度候補を絞ることもできます。

そして電話をした際に以下にあげるような3つの質問をすることでその業者ができる業者なのかどうかを見分けることができます。

1、「すぐに売りたいというわけではないのですが、どこどこにあるマンションの売却を検討しています、広さはこのくらいなのですが、どのくらいの価格で売れそうでしょうか?」

この質問に対して場所、広さを根拠にハッキリと金額を即答してくるような業者というのは要注意です。

というのも、マンションの売却価格というのは場所や広さだけでは到底決まるものではなく、他にもいつまでに売却したいのか、ローンの残債は、売却の目的は、などといった要素を加味してからでないと売却価格は出せないものなのです。

ですから、場所と広さを聞いただけで価格を即答するようでは信用できません。

この質問に対してはその情報だけではわからないので実際に見てみたい、あるいは過去の事例からおおよその価格で、といった返答が望ましいです。

そしてさらに詳しい情報を聞き出してくるような姿勢を見せるようであれば信頼できますしやる気もある不動産屋として候補に上げることができるでしょう。


査定に来た担当者に対しては以下のような質問で見極めます。
不動産屋の担当者というのは売却が完了するまでずっとお世話になる人です。

この人の仕事ぶりや相性しだいでスムーズに売却が進むのか、希望通りに売ることができるかも大きく左右されますから非常に重要です。

2、「占ってもらったら今年は不動産の売買は良くないと言われたのですが…」

本当に占ってもらう必要なんてありませんし、実際とは異なっていてもいいのでこれを担当者の方にぶつけてみてください。
一見なんのことはない会話のようかもしれませんが、この返答で担当者が売主の立場にたってアドバイスができる人なのかどうかがわかります。

「占いなんて信じる必要ありません。」なんて言って片付けてしまう担当者の人はあまり信頼できませんよね。

売主にとっては占いが重要だという話なのに、迷信だとしてあっさり片付けられたのでは心の距離感があります。
こういったささいなことでも売主の心の不安をきっちりケアしてくれるような心配りのある人が望ましいですよね。

占いではそうだったということは受け止めつつも、不動産屋としてのプロの目で判断してこういった根拠があるので大丈夫ですとアドバイスをしてくれる担当者なら心強いですよね。なんなら私がなんとかしますくらいの言葉も欲しいですね。


3、「失礼なんですが、宅建主任者の資格はお持ちでしょうか?」

査定が終了した後に担当者にこのように聞いてみましょう。
宅建主任者というのは不動産業をするにあたって絶対に必要な資格というわけではなく、宅建主任者だけができる仕事というのも限られており、それほど重要な資格というわけではありません。

マンションの査定については宅建主任者の資格などなくてもできるのですが、最終的に売買契約書への記名や押印というのはこの資格がないと行うことができません。

最終的に契約書にサインできない担当者だとすると売買の責任者にはなれないということになります。

もちろんこの資格は担当者として必要なものではないですし、資格のあるなしで優秀な担当者かどうかというのは関係ないかもしれません。

しかし、売主からすれば査定というのは非常に重要なプロセスですし、売主と業者が始めて会う場でもあります。

そういったところに資格のある人を送ってくるのかそうでないのかは業者の姿勢を見る一つの方法だと言えるでしょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ