契約を結んだ不動産屋を途中で変更もできる

じっくり選んでここだと思って契約を結んだ不動産屋ですが、それでもいざ売却を始めてみるとなかなか売れてくれない、契約を結んだ途端に態度が豹変した、なんていうこともありがちな話です。

一般媒介契約と専任媒介契約のどちらかを選ぶ場合には一つの不動産屋とのみ契約を結ぶ専任媒介契約の方が売主にとってはオススメであるという話ではありましたが、実際に契約をしてみると何かと不満が出てきたりうまくいかないということはあるものです。

これは専任媒介解約のデメリットの一つだと言えるでしょう。

しかしこのデメリットに関しては対策がないわけではありません。媒介契約を結ぶ場合には契約期間と契約の更新については必ず知っておいていただきたいところです。

  • 媒介契約の期間は3ヶ月を超えない範囲なら自由に設定することができる。
  • 媒介契約の更新は3ヶ月経過した後、再度同じ業者に依頼をする場合は依頼者が書面にて申し出ることで契約を更新することができる。

これはつまり不動産屋との媒介契約は最大でも3ヶ月ということになりますので、もしその業者に不満がある場合は3ヶ月が経過した時点で契約更新するかどうかの選択をすることができるということです。

契約期間が終わった時点で契約を更新せずに、他の不動産屋を探して契約することも可能だということですね。

契約期間は3ヶ月を超えない範囲で任意に設定することができるわけですから、3ヶ月で契約する必要もなく1~2ヶ月の契約でも問題ありません。

ただ短期間ではなかなか売れる可能性も少ないため、一般的には3ヶ月で契約を結ぶことが多いです。

だいたい契約を結んでから2ヶ月程度経過した時点での状況を見てその後その業者と契約を更新するかどうかを考えてみるのが良いでしょう。

その場合、契約している不動産屋に残り一ヶ月で何か進展がなければ他の不動産屋への変更も検討するかもしれませんのでお願いします、などと一声書けてみるのも効果的です。

売れなければ契約を更新しません、と言ってしまうとやる気を無くされる可能性もあるので、あくまでもその不動産屋になんとか頑張って欲しいというニュアンスを加えることが重要ですね。

なんとか早く売って欲しいという気持ちを込めつつ不動産屋にプレッシャーをかけるわけです。

不動産屋からすれば売却ができなければ報酬を得ることができませんから、なんとか売ろうと努力をしてくれるでしょうし。

もし3ヶ月経過した時に売れなかった場合でも事前にこう言っておけば更新を打ち切りやすいというメリットもあります。

もしこのように伝えた後に熱意を見せてくれてその後も期待できそうであれば更新するという選択もありますね。

契約を更新するかどうかを選ぶ権利はあなたにありますので、3ヶ月で打ち切ってもなんの問題もないのですが、やはり断るというのは気分的にはあまり良いものではありませんよね。

そういう精神的な負担を軽減するためにも不動産屋さん側に「仕方ない」と思ってもらえるような状況を前々から準備しておくということですね。

もしもう契約を更新しないと考えているのであれば、その後にまた媒介契約を結ぶ不動産屋を探しておく必要があります。

今の不動産屋を選んだ時にいくつか候補としてあげていた不動産屋の中から選ぶというのも良いでしょうし、また一から情報を集めて新たな不動産屋を探すというのも良いでしょう。再度いくつかの候補を挙げてそこから絞るのもありです。

新たな不動産屋を探す場合には今の不動産屋を更新せずに新たな不動産屋を探しているということを正直に伝えておきましょう。

そして査定をしてもらう際になぜ今の状況では売れないのかを聞いてみることです。

そこでしっかりと状況を判断して売れない理由を説明してくれるような不動産屋であれば期待できますよね。

納得できる応えを貰えるようであれば現在の契約が切れたら依頼しますと約束しておくと良いでしょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ