査定額が高いだけで不動産屋を選んではいけない

これから売りだそうとしているマンションがどのくらいの価格で売れるのかを知るための方法としては、まずはインターネットで利用できる無料の査定サイトを利用するという方法がありますよね。

こちらが特に有名ですね。面倒な手間が省けますし入り口としては大変便利で積極的に利用するべきです。

多くの方はまずこういった方法を利用するかと思いますが、こういった査定は限られた情報から機械的に査定を行うだけであり、あくまでも「目安」にしかなりません。
現地で見た調査ではないので当然といえば当然です。

やはり実際にどのくらいの価格になるかを知るためには実物の物件を見てもらうことが必要となります。

ですから、価格を知るためには実際に業者に現地に来てもらって査定してもらわなければいけません。

ここで多くの方がやってしまいがちなのが、査定額を一番高くしてくれた業者を仲介業者として選んでしまうというものです。

しかし、査定額だけで不動産業者を選ぶというのは非常に危険な選択であるということを知っておきましょう。

もちろん、売る側の心理としては1円でも高く売りたいというのは当然のことであり、査定額が高い業者を選んでしまいがちなのもわかります。
しかし、査定額というのはあくまで査定額であり、実際にその価格で売れるという金額ではないのです。

いくら査定額が高くても実際に買うのは不動産業者ではなく購入者です。

高い査定額で業者と契約をしても、その価格では高すぎて一向に売れないとうこともあり得るわけで、結局売るためには価格を下げざるを得ないなんていうケースも少なくありません。

特に大手の不動産会社の場合などは営業担当者にそれぞれ契約のノルマがあるため、相場よりも高めの査定額を出して契約を結ぼうとする傾向があります。

ノルマを達成することしか頭にない査定では売主側の立場にたって仲介をしてくれるとは到底思えませんよね。

つまりは妥当な金額を正直に出してくれる不動産業者こそが信頼できる業者であり、今後もアドバイザーとして頼りになるということです。

なぜその査定額になるのかをきっちりと説明してくれる不動産会社が良い会社と言えるでしょう。
そういった査定をした上で、こちらの希望を取り入れて売りに出す価格を決定してくれるはずです。

最終的にいくらで売り出すのかは自分で決めることができますが、査定価格やローンの残債など総合的に考えて検討する必要があります。

査定を依頼する会社は一社に絞らず複数に依頼するのが良いわけですが、何社ぐらいが良いのかも迷うところだと思います。
あまり多すぎると大変になりますからある程度は絞りたいところです。

オススメの方法としてはまず5~10社程度の不動産会社をピックアップして、それぞれに電話で問い合わせをしてみます。

その時の電話の対応が良かった会社から3つほどに絞込、実際に査定を依頼するのです。

もしこの3社に査定をしてもらってもここだという会社がないのであれば、また同じ方法で3社ほど選んで査定してもらい、それぞれを比較して一つの会社を決めるのが良いでしょう。

このようにして媒介業者を選んで契約をした場合でも担当者がイマイチでうまく売却が進まないというケースもあるでしょう。

そういった場合でも途中で媒介業者を変更することはできます。

ですから、なかなか不動産屋が決められないからといってずっと迷っているよりも、ある程度妥協してでもどこかの業者に決めてとりあえずでもマンションを売りに出すということも必要になってきます。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ