チラシなどで掲載されている不動産広告は相場の参考にはならない

多くの方は不動産屋に査定を依頼するよりも前にあらかじめだいたいの相場を知っておきたいものですよね。

そのだいたいの相場を知る方法の一つとして新聞の折込チラシであったり、インターネットで検索をして相場を知るという方法があるかと思います。

チラシなどで掲載されている不動産広告は確かに相場を知るための一つの目安にはなるかとは思いますが、全てを鵜呑みにしてはいけません。

特に、長期間売りに出されている広告であったり、よく目にするような広告というのは売り手の付かない物件だということになります。

不動産業界の人間でないとわからないかもしれませんが、こういったことは業界では当然のこととなっています。

普通に考えれば売れている商品、売れる商品を優先して集中的に広告を出すものですよね?しかし不動産業界ではその考えとは異なり、売れない物件でも長期間広告が出されていることがあり、素人には理解しがたいかもしれません。

ですが、一般的な商品と違って不動産というのはどれも一点ものということになりますから、誰もが欲しがるような物件というのは掲載されてもすぐに広告からは消えて行ってしまうものなのです。

不動産というのは人生のなかでも最大の買い物だとも言える高額な商品ですから、購入を考えている方も常に最新の情報には注意して真剣に情報収集をしているはずです。

自分の欲しい条件に合致するような物件が売りに出されたら、その情報を素早くキャッチして行動に移すはずです。
もちろん不動産屋もそういったお客がいることは把握していますから、不動産屋側から客へと情報が流されることでしょう。

つまり、良い物件というのは広告を出すまでもなく買い手の知るところとなり、掲載される前にもう売買が成立してしまう可能性が高いということになります。

広告を出さなくても不動産屋が仲介をするというのが不動産売買のシステムですからこういったことは少なくありません。

ですから、言ってしまえば広告に掲載されている物件というのは、広告を出さないと売れないような物件だとも言い換えることができるのです。
つまりは売れ残っている物件だとも言えます。
売れない理由は様々ですが、要は実際の物件の価値に対して価格が高すぎるため見向きもされないということなのです。

特に長期間掲載されている物件というのはいつまで経っても売れないような物件であり、その価格も適正価格ではないということになります。

もちろんその逆もあり得ます。
ですから、そういった物件を参考にして売り出し価格を決定するというのは良い判断とは言えないということになりますね。

もし広告に掲載されていた3,000万円の物件が売れて広告から姿を消したとしても実際に3,000万円で売れたかどうかというのもわかりません。

3,000万円では高すぎたので大幅に値下げをして売却されたという可能性もあります。
同じような物件だったから3,000万円で売れると思ってしまうと失敗するわけです。

実際の取引がいくらで行われたのかというのは、契約している不動産屋以外の場合は知ることができませんから、あまり広告の価格を参考にしすぎるのは避けた方が良いということですね。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ