売り出し価格と引越しまでのシナリオを同時に考える

売却価格を決める際には売りたい価格、売れるであろう価格、売ることができる価格という3つの価格がありましたが、実際に売却をするとなると価格設定というのはまだ最初の入り口の段階です。

この3つの価格とこれからの売却スケジュールというのをセットで考えて、売却成功に向けてのシナリオを練っていくことも大切です。

新しいマンションへの住み替えを考えていて、すでにもう新しいマンションの契約も住んでいるというケースで考えてみましょう。

新しいマンションを購入するための住宅ローンを組む条件として、引き渡しまでに今売りにだしているマンションの売却を完了させなければいけないとします。

そして新しいマンションへの引っ越しまで3ヶ月という期間だったとしましょう。こういった場合、どのようにシナリオを構築していくのが良いのでしょうか。

不動産屋によって提示された査定額が2,500万円で、自分が売りたいと考えている希望の価格は3,000万円だとしましょう。そして最低限これ以上でという価格は2,300万円とします。

この3つの価格を残り3ヶ月という期間と組み合わせてスケジュールを組んでいくことになります。

まず最初は希望の価格である3,000万円よりも高い3,100万円という金額で売出します。
これは値下げ交渉もあるということを想定して希望よりも少し高めで様子を見ます。

二週間ほど経過して反応がなければ2,900万円まで値下げします。

さらにそこから二週間ごとに100~200万円ずつ値下げを行っていき、売り出しから一ヶ月経過したところで2,800万円、2ヶ月経過した時点で2,500万円あたりまで値下げします。

3ヶ月という期限がありますから最終的には2,300万円まで下げることも覚悟しましょう。

値下げをするタイミングに関しては機械的に行うのではなく、問い合わせの数や内覧の数、購入申込書など反応を見ながら決めていきましょう。

反応が多いようであればそれほど価格を下げなくても売れる可能性があるということです。
小刻みに値下げをしていけばどこかのタイミングで買いたいという人も現れるでしょう。

最終的に不動産屋の査定額よりも高く売ることができれば成功と言えるでしょう。

もちろん、早く売ってしまいたいということであれば不動産屋の提示した査定額で最初から売りに出すという方法もあります。

どのくらいの期間で売りたいのか、売らなければいけないのかを考えて不動産屋と相談しつつ価格を決めましょう。

特にいつまでに売らなければいけないという期限がないケースもあるかと思います。
そういった場合はまずは希望価格から売りに出し、長期間様子を見て反応を見ながらゆるやかに値引きしていくのも良いでしょう。

ただ、急がないからといってあまりに長期間高めの価格で売りに出していると、ずっと広告が出ている売れ残り物件という悪いイメージがついてしまうこともありますので、あまり高い価格で長期間待つというのもリスクがあります。

不動産屋と相談して値下げのタイミングと下げ幅を考えましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ