マンション売却における税金の計算について

マンションを売却したことによって所得が発生するわけですが、いったいどのくらいの税金がかかることになるのか、と心配している方も多いでしょう。

あらかじめどのくらいの税金がかかることになるのかがわかれば安心ですよね。

マンション売却における税金の計算方法ですが、まずは売却によって発生した所得がいくらなのかを知る必要がありますね。
売却価格がそのまま所得ではないので、計算する必要があります。

{譲渡対価-取得費+譲渡費用}特別控除=譲渡所得
以上が所得を導き出す計算式なのですが、どれがどの数字になるかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

まずはそれぞれの数字がなんなのかを知るところから始めましょう。

譲渡対価

譲渡対価は譲渡によって得られた金額ということですから、つまりマンションが売れたその価格ということになります。

売却代金と固定資産税などの清算金の合計が譲渡価格にあたります。

取得費

取得費はそのマンションを取得した際にかかった金額、つまりいくらで買ったのかということです。

取得費は購入代金や購入の際の手数料などといった物件や土地の取得にかかった金額にその後リフォームなどにかかった金額をプラスすることできます。その合計金額が取得費になります。

建物の取得費については減価償却がありますからその分を差し引く必要があります。

マンションの取得費が不明であるという場合や取得費が譲渡価額の5%よりも少ないという場合、譲渡価額の5%を取得費とすることもできます。

譲渡費用

その建物や土地を売却するためにかかったコストのことを指します。
不動産屋に支払った仲介手数料や印紙税などがこれにあたります。

特別控除

マイホームを売った場合には条件次第で3,000万円の特別控除を受けることができます。
条件次第になりますし、受けない方が得になるケースもありますから、じっくり検討して受けるかどうかは判断しましょう。

以上の用語がわかれば計算もできるはずです。

マンション売却における税額の計算はそのマンションを所有していた期間によって変わってきます。
所有していた期間によって税率が変化するからですね。

収めることになる税額は譲渡所得にそれぞれの期間ごとの税率をかけることで算出できます。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ