中古マンションを購入する側の気持ちを理解する

マンションを売ろうとしている人にとって売却は非常に重要な行動であるのと同じように、買おうとしている人にとってもその後何十年も住もうというマイホーム選びなわけですから、必死になって探しているものなのです。

マンションの価格はもちろん、立地や日当たり、間取りなどといった様々な情報を精査し求めている物件に一番近い条件のマンションを日々探しているわけです。
そしてその中からこれだと決めた物件を購入するわけですね。

探しているのが男性の場合であれば、ローンの支払額や支払い期間、そして職場への通勤時間などといった数字の部分が気になるものです。

一方女性の場合だと主婦なら毎日の多くの時間をそこで過ごすことになるわけですからそこでの暮らしのイメージというのが非常に重要になってきます。

どこにどんな家具を置くのか、どんな生活をそこでするのかというイメージをその物件に重ねることで一番良い物件を探そうとしているわけですね。

特にこういった不動産選びにおいて最終的な決定をするのは女性の方であるケースが非常に多いです。
ですから女性の方に気に入られるような物件でなければ好条件で売れないという可能性もあります。

中古マンションだと売却が決まるまでは住み続けて売れたら引っ越すというケースが多いですから、内覧の際も生活感が出ることになります。
あまり生活感丸出しなのは女性からするとイメージが悪くなる可能性が高いですからその点不利になってしまいます。

特に内覧に来た時に部屋の中が散らかっていたり汚れていたりすると印象が悪いです。
散らかっている部屋だと収納力のない家だと判断されるかもしれません。
また、子供部屋なので見せられないなんていう部屋があるとこれも印象が悪いのでそういったことも避けましょう。

マンション購入というのは何千万円ものお金をかけるものなのです。
それを中身も確認できないようではそう簡単に買うことはできませんよね。

買う側の立場に立ってみればわかることですから、そこは買う側の心理を考え、できるだけ家族にも協力してもらって買主が納得行くまで見てもらえる状態にしましょう。

内覧の前には傷や汚れを補修しておくというのは良いことなのですが、どうしても毎日過ごしている空間だと当たり前になってしまって自分では気づかない部分というのも多々あります。

そこで、一度マンションを売り出す前に友人など第三者にマンションをチェックしてもらうと良いでしょう。
自分では気付かなかった傷や汚れを指摘してもらうことができます。

なんなら契約を結んだ不動産屋の担当者にお願いしても良いでしょう。
とにかく遠慮なく悪いところはきちんと指摘してもらうことが大切です。

そうやって見つけた修正すべき点というのは、内覧の前に可能な限りキレイにしておきましょう。

リフォームや修繕というと大掛かりなイメージがありますが、そこまでする必要はなく、ホームセンターなどで買える道具でできる修繕は自分でやることができますし、手間ならクリーニング業者に頼むのも良いでしょう。

ある程度費用はかかってしまいますが、それがマンションを高く売るための費用と考えればよいでしょう。
10万円、20万円かかっとしても、その分100万円高く売れれば得したことにもなるでしょう。

また、内覧に来た方が見ているのは物件だけとは限りません。
売主が嫌な人だとその人から買いたくないという人もいるでしょうから気さくに話かけるというのも大切なことです。

自然と会話することができれば物件の良いところをアピールすることもできますし、買う側もいろいろと話しを聴きやすいですから買いやすさにもつながります。

ただあまり良いところばかりアピールしていると営業トークのようになってしまいしつこいと思われてしまうのであまりこちらから話し過ぎるのも控えましょう。

何か聞かれたらきっちり丁寧に答えるというのが良いでしょうね。
買って欲しいのは当然ですが、あまりプレッシャーがかからないようにリラックスして見てもらいましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ