少しでも高く買ってもらうために必要な価格交渉のテクニック

今は中古マンションの状況というのは非常に厳しいですから、自分が希望した通りの価格で売れるというのは難しいと考えておいた方がよいでしょう。

ですが買主からの購入申込書では売り出している価格から大幅な値引きを希望してくるということはあまりないはずです。だいたい多いのは端数を切り落としたような金額を提示してくることでしょう。

その金額でも良いと思えるのであればその価格で契約をしてしまっても良いわけですが、やはり売主としては1円でも高く売りたいわけですから、少しだとは言っても値引きはしたくないですよね。

不動産の取引においての少しの値引きは数十万円単位ということになります。
大きな取引になるので少しくらいはと思ってしまいがちですが、冷静になれば大金です。

買主側に立って考えてみると、購入申込書には希望金額を書いてはいるものの、その金額でそのまま買えるとは思っていないはずです。
ある程度交渉した上で売出金額よりも下がれば良いな、くらいの考えの方が多いのではないでしょうか。

購入申込書を出してきたということはつまり買いたいという気持ちは大きいわけですから、あまり値下げばかりを考えて断られるのも避けたいと考えているはずです。

物件に魅力は感じているわけですから、買えるチャンスは逃したくないものです。

こういった購入者側の心理も考えてみるとどうすれば少しでも高く売ることができるのかもわかってきます。

価格交渉をする際のテクニックの一つとして、こちらからいくらという具体的な金額は提示しない、という方法があります。
こちらから金額を言うのではなく、買主側からいくらで買いたいという金額を言わせるという方法です。

だいたいは購入申込書の希望の金額を言ってくるでしょうから、その金額では厳しいが、せっかく気に入っていただけたし買っていただきたいので、いくらまでなら出せますか?といった感じで聞いてみましょう。

こちら側もまだ値下げはできるという意志は見せつつも、相手にはもう少し出してもらうという問いであり、かつ買主側に価格を決めさせているという公平感もあり、自分で決めた金額なら納得して買ってもらえるというわけです。

こういった交渉をさりげなく成功させるためには内覧の時に自然な会話をしておいて印象を良くしておくことも大事だというわけですね。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ