内覧後に購入申込書を受け取った後の流れ

内覧をしてもらって、その人がマンションを気に入って購入をしようかということになれば、紹介してくれた不動産屋を通じて購入申込書が買主から提出されることになります。

ただこれを受け取ったからといってそれで契約が成立するわけではありません。
これはあくまでも買主側の買いたいという意志表示のための書面です。

この購入申込書の内容をもとに交渉をして売買を進めていくことになります。

ではこの購入申込書というのはいったいどういった内容になっているのでしょうか。

購入したいと考えている物件の名前や場所面積といった概要と、購入希望者の情報などが書かれているほか、次のように購入希望者からの希望が記載されていますのでしっかり確認しましょう。

  • 購入希望価格
  • 住宅ローン利用の有無
  • 手付金の額
  • 契約の希望時期
  • 引き渡しの希望時期

このような希望が書かれているわけですが、あくまでもまだ購入希望の段階なわけですから、この段階でマンションが売れたと安心するのはまだ早いです。
購入申込書を受け取ったけれど結果的には契約までいかなかったというケースも多々あります。

購入申込書に記載されている買主からの希望については、自分が考えている希望とは異なる可能性がありますよね。

希望価格が自分の希望より低い可能性は大いに考えられますし、引き渡し時期が希望にそぐわないこともあるでしょう。
価格や引き渡し時期については希望に沿うように譲歩するのかどうか、不動産屋とも相談してみましょう。

ただし、価格をどうするか時期をどうするかと悩んでいる時間はありません。
購入申込書が提出されたらできるだけ早く返事を返さなければいけません。

購入申込書を出した時点ではかなり買いたいと考えている買主も、あまり待たされるとその熱が冷めてしまう可能性もありますし、他にもっと良い物件を見つけてしまうことだってあり得ます。

こういう高額な買い物には勢いも大切だと考えている方は多いでしょうから、あまりコチラ側が考えすぎて待たせてしまって勢いを無くしてしまってはいけないということですね。

購入申込書を受け取ったタイミングというのは売却のための最大のチャンスですから、タイミングを逃さないように注意してできるだけ早い決断をできるようにしましょう。

また、価格や時期といった希望だけでなく、住宅ローン利用の有無、特に利用する場合にはその審査がきちんと通るのかどうかというのは非常に大切です。

最終的にローンの可否を判断するのは融資をする銀行なわけですからローンが通るのかどうかというのは考えてもわかるものではありませんが、買主の年収や負債などといった情報がわかれば通りそうかどうかの判断も可能でしょう。

なんの問題もなく住宅ローンを利用できそうということであれば良いですが、ローンの審査に時間がかかかりそうということであれば、その分契約締結までも時間がかかってしまうことになります。

ローンが通らなければ支払いができないわけですから最悪契約自体が無くなってしまうという可能性もあります。
あれこれ交渉をして最終的に白紙というのでは話になりませんから、ローンについてもチェックしておきましょう。

マンションに住みながら売るという場合、引き渡し時期については非常に重要になってきます。
買い替えをする場合に新しいマンションを探す時期というのも考えなければいけませんし、その時間も必要となります。

もし希望通りの引き渡し時期に引き渡しができないということになると買主に対して損害賠償が発生する可能性もありますから注意しましょう。

契約提携自体はすぐに結んでも、実際の引き渡しはもっと先という契約も可能です。

引き渡しが先だからといって契約をそれまで待つ必要はありませんので、買主の気が変わってしまわないうちにできるだけ早く契約してしまうということも必要です。

契約さえ済んでしまえばもう売却のあれこれは考えなくて良いので買い替え物件を探すことができます。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ