あなたのマンションを良い物件に見せるテクニック

中古マンションにはどんな物件であっても必ず長所と短所というものがあります。

一見理想的なマンションであったとしても良くないところはあるわけで、例えば立地や間取りが理想的だったとしてもその分価格が高くなるのでその点が短所と感じられることもあるでしょう。

逆に立地や間取りはイマイチでもその分価格が安くなれば、安いという長所に魅力を感じる人も多いはず。

なかなか物件が売れなかったりすると、本当に売れるのだろうかと不安になってくるものですが、どんな物件であっても絶対に売れるなんて保証はないわけですし、完璧な物件というのはありません。

その物件の長所と短所を分析した上でプラスになると判断してもらえれば買ってもらうことができます。

プラスの印象を与えるための方法として次の2つを実践してみましょう。

1、表現を変えてアピールする

例えば立地条件としては最高の物件なのだけれど、間取りはイマイチでなかなか買い手が付かないという場合。
こういった場合あは長所である立地条件を前面に押し出してアピールするのが良いでしょう。

駅から近い物件であれば、「後々賃貸にする場合でも高い入居率が期待できる」だとか「売却するにしても駅近は買い手がつきやすい」などといった先のをことを考えたアピールをしてみるというのも良いでしょう。

短所である間取りについてもうまく表現を変えてポジティブに捉えてアピールすることで、プラスと考えてもらえることだってあります。

つまり、長所である部分をさらに魅力的に、短所となっている部分も見方を変えて魅力あるように見せられるかどうかで印象も大きく変わってきます。
うまい表現ができないか不動産屋と相談して考えてみると良いでしょう。

2、買主のニーズから長所を生み出す

中にはどうしてもアピールできるような長所が見当たらない、なんていう物件もあることでしょう。
そういった場合、その物件の長所ではなく、違った角度から魅力を生み出してみるというのも一つの方法です。

例えばキッチンカウンターの広いマンションだったりした場合、「親子や夫婦で一緒に料理が楽しめる」なんていうアピールができますし、お風呂の洗い場が広いなら「赤ちゃんがいても楽に入浴できます」なんていう売り文句をつけることができます。

マンションを探している人というのはたくさんいて、それぞれにいろんなニーズというのがあります。
買主の琴線に触れるような売り文句が一つあればそれだけで魅力的に見えてくるものです。

マンションに対して立地条件や間取り、価格を求めている人もいれば、生活の中のちょっとした快適さや楽しさを求めている人というのもいます。

数字的な長所・短所だけにとらわれず、いろんな角度から物件を観察して良いところをアピールしていきましょう。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ