マンションがある地域の物件に需要がない

物件を売りに出したのに、なかなか反応がないということもあり得ます。
売りに出してから2~3週間経っても問い合わせすらないとなると焦った方が良いかもしれません。

売却を依頼している不動産屋、あるいは他の不動産屋に対しても一切問い合わせがなということは、そのマンションがある地域の物件に興味を持っている人がない、あるいはそういう客のいる不動産屋がないと考えられます。

つまりはそのマンションには現状では需要がない、ということになります。

現在は少子高齢化が進んでおり、中古マンションの需要というのは昔と比べて厳しい状況です。
特に過疎化が進んでいるような地域ではファミリータイプのマンションを売りに出したとしてもそんな物件を探している人がいないということが考えられるわけです。

そういった場合にどするか、とれる策というのは限られます。

  • とにかく買いたいという人が現れるまで待つ
  • 価格を相場よりも安くすることで格安物件としてアピールする

需要がないとなるとこの2つくらいしかできることはありません。

しかし価格を安くするとは言っても、これ以上安くするくらいなら売らない方が良いという最低限の価格もあるかと思いますので、そうなると売る事自体をしばらくは諦めるという考えもあるでしょう。

一般媒介契約か専任媒介契約の場合であれば、不動産屋を通さずに自力で買いたい人を探すということも可能になります。
不動産屋から良い報告がないなら自分で努力して買ってくれそうな人を探すというのも一つの方法になります。

中古マンションを売るためにはまずは内覧に来てもらわなくては話になりません。

内覧なしに買う人なんていませんから、まずはマンションを見てもらうことです。
興味を持ってもらえる物件になるように価格を下げるということで需要を生み出すことも必要になります。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ