売り出し価格が高く、割高だと判断されて売れない

売り出し価格を決めてマンションを売りに出したは良いものの、なかなか売れないということはよくあることです。

しかし売れないまま放っておいたのではいつまで経っても売れませんから、何故売れないのかを分析して対策をたてなければいけません。

売りに出してから2~3週間が経過しても問い合わせや内覧の申し込みがないという場合、価格に問題がある可能性もありますから、値下げについても検討しなければいけません。

売りに出す価格を決めて不動産屋と媒介契約を結べば、その不動産屋がレインズに物件の登録をしてくれます。

専任媒介契約の場合であれば契約から7営業日以内、専属専任媒介契約の場合であれば5日以内に登録しなければいけないという決まりがあります。

レインズに物件情報が登録されて翌日か翌々日には全国の不動産屋のもとに新着物件としてその情報が配信されることとなります。

全国の不動産屋の多くはこの新着物件をチェックして見込み客が探しているような条件にマッチする物件がないかどうかを探しています。

レインズで配信された新着物件が自分のところのお客の希望にマッチするようであれば、その物件を扱っている不動産屋に問い合わせをして資料を取り寄せ、客に紹介するという流れになっていきます。

マンションを売りに出したのになかなか内覧がなかった場合、不動産屋に問い合わせて、レインズ経由での問い合わせなどがなかったかを確認してみましょう。

多くの不動産屋は価格の条件などが合わなくても地域や間取りなど一部の条件が合致していればとりあえず物件を紹介するということが多いからです。

もしレインズの情報を見て物件に対しての問い合わせがあったということであれば、ある程度その物件にも需要があるということになります。

ただ、問い合わせはあったけれど内覧の申し込みがなかったということは価格的に高いので情報を見ただけで内覧は不要と判断されたということになります。

もちろん、内覧まで行かなかった理由としては価格だけではなく、場所や間取りなど購入希望者の様々な条件とマッチしなかったという可能性が考えられます。

ですが、希望通りの完璧な物件なんていつまで経っても巡り合えるかわからないものですから、ある程度条件に合うなら、とりあえず一度見ておこうくらいにはなるはずです。

取り寄せた資料を見ただけで内覧しようという気にならなかったということは、中を見て状態が良かったとしても買わないという判断をしたということになります。

やはりそこは価格の条件というのが大きいと考えるのが自然でしょう。
条件に対して割高だと判断されたということです。

自分が新築のマンションを購入するということを考えれば、いくら他の条件が良かったとしても予算を超えた価格でそもそも買えないような物件なら見に行く必要なんてないですよね。
そう考えれば価格というのは非常に重要なのです。

もちろん、内覧がなくても問い合わせがあるということはある程度の需要はあるということです。
価格をうまく下げることで買い手が付くことも十分考えられますね。

賢くマンションを売るはじめの一歩は、まず、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。

一番有名です。日本最大級の不動産売却専門サイトNTT DATA【HOME4U】

多くの会社から見積もりを取って少しでも高く売りたい方は以下の「マンションnavi」も利用してみるのもよいでしょう。

中古マンションを専門にした一括査定サイト「マンションnavi」

どちらも、5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ